キャッシングの審査は厳しい

キャッシングで融資を受けようと思った場合に「審査」がつきものです。

 

審査を行う理由は??わかりやすい質問ですが「この人のお金を貸して返済してもらえるか?」と言う点になります。もちろんどこの誰だかわからない人にお金を貸すようなことはしませんよね。

 

そのため2段階に分けて審査を行うのが一般的な方法です。

 

①は仮審査と呼ばれており、申し込み内容について審査を行います。これは自動審査とも呼ばれており、基本は機械である程度判別しますね。

 

この際にもちろん審査に落ちる方もいらっしゃいますが、基本は通過する確率が非常に高い審査になっています。

 

ここで落ちる方の場合はブラックリストに載っている、信用情報に傷がついているなどお金に関する問題が過去や現状にあったり、申込内容に不備やウソがあるケースも考えられます。

 

通過に関しては基本メールですが実際に体験している方の情報には「電話がかかってきた」という方もいらっしゃいますので一概には言えません。ここまで最短は10分ほどで審査に通過することが可能です。

 

②仮審査に通過後は「本審査」になります。ここでは申し込み内容から踏み込んだ審査になり、「安定した収入があるか?」「返済は可能か?」「融資額はいくらか?」などより具体的な審査になります。

 

審査の最後に在籍確認と呼ばれる審査もあり、職場へ本当に申込者が在籍しているかの電話がかかってきますね。この際にもちろんキャッシングとはわからないように個人名でかけてきてくれます。

 

会社に本人が職場にいて電話口にでればOKですし、外出していても「○○はただいま席をはずしております」と言ってもらえばOKです。

 

この際の電話対応が悪かったり、質問内容に対して適切に答えなかった場合には審査に落ちるケースも考えられますので、丁寧に対応するようにしましょう。

 

 

以上がキャッシングの審査になります。

 

状況や申込方法、会社によって違いはありますが普通はこのような感じです。この審査に通過しなければ融資を受けることはできませんので基準の情報などを知ったうえで申し込みをしてくださいね。

コメントを残す